おねだりが

サラーリーマンとしての営業で、もっとも難しいシーズンの一つが春です。なぜか春になる
と、お客様は春うららで陽気な気分の反面、気難しくなるんですよ。そんな季節で変わる
のかと言われそうですが、営業の世界は、毎年のことだから不思議なことだと自分でも思います。

風俗の世界には、イイこともあります。


新人類が飛び込んでくる時期でもあります。

大学に入学したての女子大生が、風俗の世界でおこずかいを求めに働きが時める
季節です。


狙い目は5,6月ごろです。
何軒かの水戸風俗店の店員と仲良くなったので、風俗嬢の新人さんを
教えてくれるようになりました。


大学生活に慣れ始めたころに、遊びのお金がなくなる頃に
風俗で働く子が増えます。


一人暮らしの生活苦から、優雅な暮らしになりたいと思い始めるのです。

「春は出会いの季節」だと言われていますが、大らかな気分で受け入れる。
また春は一番女の子の本音が聞ける季節なんですよ。
受験の不満をストレートにぶつけてくる。




レモンちゃんはリクルートスーツを着て風俗の面接に来たと話していました。
2回目風俗レモンちゃんと会った時には、かなりの腕が上がっていました。
優しくして!


レモンちゃんはドレスを着たまま、ベットに横になり
私の愛撫を待っています。


ドレスの上から優しく抱きしめ、ディープキスでお互いを確かめ合うように
抱き合いながら楽しんだ後はドレスをまくり、ピンクローターでクリに悪戯を始めると
アッ イイイ~すぐに感に始め、レモンちゃんはグチャグチャに。
風俗嬢になりきっていたレモンちゃんの愛撫は全身をくまなく舐めまわしながら
乳首を軽く噛み、チロチロ舐めつくす。


私の息子を両手で包み込むように、固くなって大きい。
フェラも慣れた手つきで、舌の動きもこの前とは違い、舌先を使いスジから
竿まで、私はもう完全に、レモンちゃんの操られています。
フェラを始めながらも、レモンちゃんの方から、シックスナインのおねだりが始まり
私はレモンちゃんのクリを舌でごチョごチョ穴の中にも下を、お尻の穴もごチョごチョ舐め
ジュルジュルとフェラ響く音


レモンちゃんのハアハア。の喘ぎ声を聞きながらレモンちゃんのイク~の声で
レモンちゃんに挿入
奥まで入り込み、ペニスをクリに密着させたまま、腰を廻して大暴れ
ウウウァ イク~の喘ぎ声を聞くまで....


ページのトップへ戻る